日々の言葉 alternative plan

 


こんにちはー。

オーナーです。

まぁ~。そうっす!

崎山蒼志君です。

コード進行、右手www

溢れ出る才能にもう、わらっちゃいます。

 

本日は、

日々の言葉。

これがテーマです。

 

「どうしてもこうありたい」と強く願えば、その思いが必ずその人の行動や言葉となって、実現する方向に自ずから向かう

ナポレオンだったかな・・・。

同じような事言ってたような。

自分が思っていることを強く思えば自然に自分の行動や言葉の節節にその事が自然と表れてしまう。そんな無意識の行動がいつの間にか現実へと向かう。

これ、本当に思います。

 

これ逆もあって、ネガティブってやはりネガティブに引き込まれやすいんじゃないかな?

まずは自分の気持ちや意思決定が大切。自分がどうなりたいのか?どうしたいのか?わからない人や言葉で伝えられない人が多いと思います。

言葉って決まった数しかないんです。その ”決まった数の中で人に伝えられるって事” が重要だと思う。曖昧や自分勝手が入っているとすぐ否定されるだろうし。

それを無理やり正当化したところで只の自分勝手だし、

しっかり選んだ言葉で伝えられるって ”正しい事” だと思う。モチロン否定も込みで納得してもらえるほどの言葉選びや内容が必要です。

 

毎日、疑問な事が多い。

何かって、マイナス発言や事なかれ主義が多い事。

これが無理だからできない。

あれが無いからできない。

言ってもやってくれない。

ETC・・。

出来ない・やれない・無理・駄目・・・・・。

根本的に終わっている言葉。。。

だから?どうすればよい?

出来ないならやなければよい。無理ならやらなければ良い。そして、この問題に対して君は何をするの?

結局、何もしないを選んでいるだけじゃない?。。事なかれ主義と言う責任放棄。

 

PANDOLAでは代替案を出そうって言っています。

代替案が無いなら否定はするな!代替案無しの否定はただの批判家。

無理ならどうすれば可能なのか?

出来ないなら違う方法はないのか?

代替案が出るだけで、一歩先を見つめる建設的な話し合いになります。

ここが一番言いたいことなんですが、

これって自分達美容師にはとーっても大切なことだと思う。

だってお客様はやりたいって思ってきている髪型なのに出来ない、やれない、無理、って言われただけなら,

そこを何とかするのがプロでしょって思いますもん。

日々の言葉。。

日々、これどうしようって問題が出た時に否定的な言動をするのか建設的な言動をするのか?

本当に美容師の人気や指名ってここで変わってくるのではないでしょうか?

俺だったらネガティブな奴に切って欲しくないですもん。

無理はしょうがないだから建設的な代替案を出してあげる。

そして安心させてあげる。あくまでもお客様が納得する限られた言葉を使って。。

毎日、日々、どんな案件でもどんな事でも。。。

何故、この問題が出て来たか?何故、その案件が浮上したのか?

結局、1っ歩も進まなければ、無駄な会話で終わりますよね?何もしていないんだから・・・。

代替案が出ただけで意味のあるものになります。

 

自分が100%出来ているかわかりませんが、意識はしています。強く思うようにしています。

強く思う事って・・・。

以下先頭に戻って読み直してくださいwww。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket